ボスママのドイツ生活情報

ドイツ生活情報やドイツ人の考え方、ヨーロッパの状勢について発信中

*

B.B.King、ありがとう、ブルースボーイ

   

Im wunderschönen Monat Mai
“目も醒めるような美しい五月に” 
シューマンの Dichter  Liebe 詩人の恋 の最初に出てくる歌の題です。
ドイツの五月。
三月、四月と、春の訪れを知らせる、小さな花々が咲き、五月に入るとしゃくなげが咲き始めます。
色も、しろ、黄色、あか、ピンクと庭を彩るしゃくなげ。そして、美しい若葉の色合い。シューマンの歌のとおり、五月は一年で一番美しい季節でしょう。
3年前に逝った母は、最期の15年間を、私たちとここ、ドイツで過ごしました。
母がいた部屋の前の庭でも、母が愛でたしゃくなげが、今年も咲いています。
DSC_0268.JPG
DSC_0271.JPG
ここのところ何日か雨が降り続け、大きいほうの庭の芝生が随分伸びてしまいました。明日は、芝刈り。庭仕事が忙しくなります。
DSC_0270.JPG
私が庭に出ると、犬も猫たちも一緒についてきます。写真を取られるのが嫌みたいで、カメラを向けると逃げまくるのは何ででしょう。
DSC_0276.JPG
本人は、隠れてるつもりみたい。
母が亡くなって以来、この美しい五月は、ちょっとブルーな気分になりやすい。でも、この子達が傍にいて、私を癒してくれる。ありがとう。
B.B.King が亡くなりました。ブルースボーイ、素晴らしい歌をありがとう。あの当時のアメリカ。お定めの、綿を摘む仕事から、ブルースボーイになるまでの道。そして、栄光。あなたは、すばらしい音楽を私たちに残してくれました。ありがとう、ブルースボーイ。安らかに。

 - 日記