ボスママのドイツ生活情報

ドイツ生活情報やドイツ人の考え方、ヨーロッパの状勢について発信中

*

ドイツ滞在お役立ち情報、射撃クラブ

   

日本にいろんなカルチャークラブがあるように、こちらにもたくさんのクラブがあります。
うちの息子たちは、小さい時から、リズム教室、水泳、柔道、などをやってきましたが、月謝は月々、10-15ユーロ位でした。
今は、射撃クラブに在籍しています。
DSC_0529.JPG
毎年、トップの座を競って大会があります。
弾はひとつ。目標は50m先。射撃台の使用不可。
DSC_0522.JPG
次男は昨年、最年少のSchützenkönig (射撃王っていうのかな)になりました。
プチ自慢🎵
わかっています。親ばかです。
特別講義を受けてテストに受かれば、銃刀所持許可となります。
次男のテストは今年の秋。長男は来年の春です。
がんばってね。
DSC_0537.JPG
なんで、銃刀所持許可を?と問われる方。
ここは危険だからですよ!
この許可を持っている人は、少なくありません。
狩をする人以外にという意味です。
私の知り合いでも、森の側のちょっと寂しいところに住んでいる夫婦。
本棚の本の後ろに新聞紙で包んでリボルバーが隠してあります。
ご主人は奥様に、危ないと思ったら何も考えず、撃て!
と言っていましたが、奥様、ご主人がいないときに入った泥棒に向かってぶっ放しました。
何発か撃ったけど、はずしたわ!
と、悔しそうにおっしゃる奥様。
あんた、相手はイノシシじゃないって、、、
その話を聞いてから、しばらく怖かったな。
夜、物音がするたびに、びくっとしていました。
大体、こういうクラブは、月謝30ユーロくらいです。
実弾はCal.22LRの場合、50個で5ユーロです。
別に身を守るためと考えず、お楽しみでなさってもよろしいのでは。
射撃クラブに限らず、ここでは色々なことが本当に安く体験できます。
クラブに入ってドイツ人のお友達ができれば、また、生活に楽しさが増えるかもしれません。
あなたにあった形で、ドイツ生活を楽しんでください。

 - 日記