ボスママのドイツ生活情報

ドイツ生活情報やドイツ人の考え方、ヨーロッパの状勢について発信中

*

観光地、HARZ、ブロッケン

   

ここの処、とても重くのしかかっていた問題が、今日ふわっと消えた。
まだまだ完全に終わった訳ではないけれど、解決の道がまっすぐ見えた。
もう、迷う必要はなさそうだ。
あーー、しんどかった!
神様もいけずやなぁ。私が普段からこんなに頑張っているのが目に入らへんのやろか、、、
今朝出かける時には、重い石が心に二つほど乗っかっていたのに、、、
それがいい気分で外から帰ってきて、すぐにおそばを茹でた。
この間いらした知り合いから日本のお土産に頂いたもので、色んな種類のおそばが入っている。
それを茹でながら食べ、また茹でながら食べていると、主人が笑いながら、
ママ、しかしすごいね、あなたの食欲!食べるのもすごく早い!!
ホッホッホ、惚れ直した?
、、、実は急に食欲がわいて。いや、ちょっとがっついたかも。息子たちがもう結構と言っているのに、また新しい袋を開けて、茹でて食べ、茹でて、、、
お腹が一杯になったら、今度はお昼寝。
ここの処まともに寝てなかったしね。特に昨夜は、、、
自己催眠のCDをかけて、、、いや、必要なく、ぐっすり寝たみたい。
目が覚めたら、CDも終わってたし。最初の方だけ聞いた気もするけれど、、、
使い古した言葉だけれど、人生山あり、谷あり。
なんか普段、谷ばっかりを歩いているような気がするけれど、ちょっと長いスパンで考えてみると、ちゃんと山がある。
それに気づかないとは、感謝知らずか。
harz-510141_640.jpg
北ドイツから南に下って行って、初めての山岳地帯にHARZという地方があります。
なだらかな山岳地帯ですが、ここにBROCKENという山があり、4月30日の夜、魔女が年に一度いっせいに集まるお祭りがあります。このお祭りは、1000年も前から続いているとのことですが、、、言い伝えだけで、本当のところはどうだったのか、ちゃんとした文献は残っていないみたい。
そのお祭りに来る観光客の数は、毎年10万人とも15万人ともいわれるほどで、大変にぎわいます。
germany-278327_640.jpg
みんなそれぞれ魔女の格好をして、Walpurgisnacht(魔女のお祭り)の始まりです。
誰だ?あんたはそのままで参加できるって⁉
この地方に行くと、いたるところで魔女の人形が飾られています。
そして、お土産も魔女の人形に、魔女グッズ。
主人の40歳のお誕生日は二人でここで祝いました。
泊まったホテルからのお誕生日プレゼントは、魔女の人形。
そして、亡くなった母と一緒に行った時に買った木製の魔女は、今も私の部屋に飾ってあります。
DSC_0598.JPG
BROCKENの山には、機関車で登れます。
とても素敵な眺めです。
ちょっと2-3日休養するにはいいところですよ。
もちろん、時間がある人は長期休暇でも。とてもポピュラーなドイツの保養地です。
古い街がいくつかあり、ユネスコに登録された街もあります。観光にも最適ですよ。
一度、時間を作って行ってみませんか?

 - 日記