ボスママのドイツ生活情報

ドイツ生活情報やドイツ人の考え方、ヨーロッパの状勢について発信中

*

ベルリンのCurrywurst カレーソーセージ

   

大変暑くなってきました。
完全な夏日です。
パリでは、気温が40度にも上るそう、、、
チコちゃんと長いお散歩に出る時には、簡易の水筒を持っていきます。
合間あいまで飲ませてやると結構飲みますから、暑い日のお出掛けには欠かせません。
猫様達も、冷たいむき出しの石の上でベタッと寝ています。
エサには、いつもより多い目に水を追加して水分不足にならないようにしてあげないと。。
私たち人間も水分不足にならないように、各自1,5Lのミネラルウォーターのボトルを自分の傍に置いています。
ただ救われるのは、こちらでは地下室のある家が多く、地下室はひんやり肌寒いほどであること。
こうなると、仕事は地下!
静かなうえに涼しい。クーラー要らずです。
DSC_0082 - Kopiert.JPGここなら私もゆっくり眠れるわ!と地下室のベットで寝るチコちゃん。
しかしながら、今日の暑さ、、、
晩御飯は簡単に、お素麺を茹でました。
ポストのストは、とうとう4週目に入りました。
次男のお友達がポストでアルバイトしているので、今の事情を聴いてみました。
もう郵便物がたまって、ポストの持つ倉庫には入りきらないため、臨時の簡易倉庫を立てて、そこに郵便物や小包を保管しているそうです。
簡易倉庫を建てるって、、、、
そのお友達は手紙や荷物の仕分けを手伝っているそうですが、もう今既に仕分けの時点で数々の間違いが起こっているらしい。
無期限ですからね、、どうなるのでしょう、、、
ドイツ鉄道の方は、今日、話し合いがついたようです。
これから夏に向かっての旅行シーズンにストを行われるとみんな困りますものね。
ルフトハンザはまだちょっときな臭い。
いつストを起こすかわかりません。
ストのお話は前にも書いたけれど、ドイツって変わったな。
昔はストがあっても、こんなじゃなかったのに。
話は変わって、今日は長男がベルリンに日帰りで行ってきました。
暑い暑いベルリン。
1,5L のボトルを抱えて街中を歩いたそうです。
お昼ご飯は、ベルリン名物のCurrywurstを食べたそうな。
あんまりお腹は空いてないよ、とは言っているけどお素麺ならつるっと入るでしょう。
currywurst-264629_640.jpg
私はあまり好きじゃないけれど、このソーセージファンは結構います。
ちょっとパンチの効いたソーセージに、カレー味のケチャップがかかっています。
ベルリンには、Currywurstmuseum カレーソーセージのミュージアムまであるって聞いているけど、私は行ったことがありません。
ところでこのCurrywurst, どこの街が本家本元か争っています。
ハンブルグは、このソースに使われている香料はハンブルグで作られているから、ハンブルグ!
フランクフルトは、使われるソーセージはフランクフルト製!だからもちろんフランクフルト!
ベルリンは、これだけたくさんの国からの移民が作り上げたのがCurrywurst。だからベルリン!
ドイツにいらしたらぜひ味わって、ジャッジして下さいな!!

 - 日記