ボスママのドイツ生活情報

ドイツ生活情報やドイツ人の考え方、ヨーロッパの状勢について発信中

*

ドイツの酷暑

   

日本の暑いこと!
今日、お天気図を見てびっくりしました。
明日から関東は少し涼しくなるみたいですが、それでも33度。
近畿は変わらず36度。
夕べ次男と電話していて広島行の話をすると、”でもこの酷暑で旅行するって大丈夫かな?” なんて今迄に聞いたことのない弱気なセリフ。
”でも、お盆過ぎのお天気なんてまだ分からないよ” ”うん、それもそうだ”
、、、何だか消極的です。
姉と電話したときにその話をすると、”あなたはこの酷暑を知らないから、、、”
あなたの息子たち、お墓参りにきちんとした格好で行って、帰って来て靴下脱いで、うわぁ、涼しい!靴下脱ぐとこんなに涼しいんだってびっくりしてたよ!
うちの子は、ドイツ育ち。
休日でも、朝起きたら着替えて靴下をはきます。夏でも靴下をはきます。穿かないのはお風呂上りだけ。
年から年中、寝ているとき以外、靴下をはきます。
私はこの点においては野生児。
気持ちが悪いので、冬でも家にいる時は裸足です。
少々寒くても、裸足。
暑い日本で、ジーンズ穿く必要ないと思うのだけれど、、、
薄手のズボンを見繕った方がいいんじゃないのかな?
寒い国で育っているだけに、熱中症が心配です。
来週から京都に4日間。京都も暑いと聞きます。
どうなるんでしょう、、、
京都は、主人のお友達のOさんが案内して下さるのですが、暑い中申し訳ない。
もうみんなで、ホテルで花札するとか、カラオケに行って歌ってるとか、、、
外を歩くって、自殺行為?
ところが、、、!!!
何と、再来週からここも36度になるって!!!
ウソだろう!
また地下室の生活が始まるのでしょうか。
でも、36度って、、、
数年前に内陸部で連日38から40度になった事があります。
その時に行ったドレースデンは本当に暑かった。
今回も、ベルリンは34度で、、、そりゃあもう、、、暑かった。
観光どころじゃないですよ。
フゥ、、、皆しんどかったね。
こちらでは暑いときには、夜、涼しい風を入れて部屋の温度を下げて、日が昇ったらシャッターを閉めます。
そうやって、外気温をシャットするんです。
それでも暑いですよ。
この北ドイツで36度になるなんて、昔はありませんでした。
CIMG2091.JPG
今日も暑くなるのかしら、、、、
うちの庭には大きな樫の木があります。
この樫の木、夏場には葉を茂らして大きな陰を作ってくれるんですが、暑い日でもその陰に入ると肌寒い。薄手の掛布をもって、木の下で昼寝すると最高です。
秋には大量の落ち葉でかき集めるのが大変ですが、葉を落として家に光を与えてくれます。
本当にありがたい、、、
亡くなった母は御神木と呼んでいました。
周りに大きな木がある藤棚の下もすごく涼しい。
DSC_0279.JPG
ただね、仕事があると庭に座っていられないんです。
暑くても仕事はね。これはどこにいても一緒。
ただ、ドイツの職場でクーラーのあるところは少ない。
ここでも温暖化は確かに進んできています。
ドイツの気候も、私が来た40年前に比べると大きく変化しています。
この先どうなっていくのでしょうか。
36度の日本でクーラーを使わないと熱中症になってしまいます。
今日も、高齢の3姉妹がクーラーを使わずお亡くなりになったお話がニュースに出ていました。
省エネにも限界があります。
企業の努力はもちろんですが、私たち個人は今後どういう形で温暖化に対処していけばいいのでしょうか。
大きな課題です。

 - 日記