ボスママのドイツ生活情報

ドイツ生活情報やドイツ人の考え方、ヨーロッパの状勢について発信中

*

INAC澤ちゃん、ご結婚おめでとうございます。

   

まずはおめでたいお話から。
澤ちゃん、ご結婚なさいましたね。
日本を感動で湧きたててくれた彼女、多分一休みするつもりもないだろうけれど、今後もパートナーとの新しい生活を通じて、益々のご活躍をお祈りいたします。
パートナーを得るというのは幸せなこと。別に結婚という形を取る必要はないけれど、一人でいるより二人でいる方が絶対に強い。
彼女もちょっと肩の力を抜くことができるかもしれませんね。
今日は、朝から楽しいニュースでした。
新聞を開いて、おおっ!て感じ?
芸能人の結婚や噂はとんと興味もないし知らないけれど、澤ちゃんは別。
4年前に見せてくれた感動は今も忘れられません。
本当におめでとうございます。どうぞお幸せに!
football-362007_640.jpg
さてさて、私事ですが、今困っていることがあります。
私は普段からコンタクトレンズを使っていますが、どうも角膜を傷つけたみたいで、目がごろごろして痛いのなんのって。
でも8月なんて、殆どの医者が休暇中。
私の眼科の先生もただ今休暇中。
また9月から診察が始まります。
休暇と言えば、私がこちらに来た頃、インテリアの雑誌が好きでよく買っていました。
それが、ある月になると薄っぺらいのです。
値段は同じ。厚さはほぼ半分。
お店の人に聞きました。なんでこんなに薄っぺらいのって。
休暇中はいつもこうなの。社員も休暇を取るから記事が少ないのよ。
、、、ウソやろ!
いえ、本当です。今はそれほど顕著には現れませんが、そういう傾向はあります。
ところが日本人。
8月中に仕事の問い合わせや注文を出してきます。
有難いんですよ。でも、こちらは受けるだけの体制が整っていません。
特に新しい事業なんて絶対に無理です。
大きなオーダーを入れてもらっても無理です。
工場は約一月休暇に入りますから。
8月中は、ヨーロッパほぼ全域において仕事は進みません。
でもね、ヘンだと思いません?
こうやって、夏場は2-3週間の休暇を取るヨーロッパの人たち。かつかつ1週間を取るのも難しい日本人。
休暇を取ってもヨーロッパでは仕事が回っていく。日本はどうして、休みが取れないんでしょう。
日本では医者に行くのも自分の有休を使うというのを聞いてびっくりしました。
こちらでは有り得ません。
なんか余りにも日本人が可哀想です。
でも、ドイツほど労働者が優遇されている国は他にはないとも言われています。
私たちも会社を持っていますが、まあ、そのあたりが大変なことはまた次回お話ししましょう。
胃がきりきりしますからね、この手の話は。
私が決めていること!
このブログでは愚痴を言わない!!
今日も一日良い日でした。
明日も良い日になりますように!!

 - 日記