ボスママのドイツ生活情報

ドイツ生活情報やドイツ人の考え方、ヨーロッパの状勢について発信中

*

また電話が不通!?

   

今朝から電話がちゃんとファンクションしません。
ドイツ国内は電話ができても、日本にかけられません。日本からの電話も受けられません。
時差のため、午前中はとても大事な仕事時間なのに、電話の復旧作業で終わってしまいました。
しかも、電話会社は、こちらでは問題が見つかりません、と言い切るのですが、後から” 復旧されました。” との連絡が入り、、、
じゃあ、何で問題が見つからないっていうの?
で、電話をするとやっぱり繋がらない。
また電話会社に電話して、、、、
結局通じたのは15時。日本は22時ですね。担当者はもう帰ってるって、、、
日本でもこんなトラブルってありますか?
これってもう、営業妨害!
でもね、メールは通じるんです。メールを打ちまくりましたよ、今日は。
思わず担当者にメールで、SkypeかLINE でやりません?って聞きそうになりました。
ただ電話以外にも、SkypeやLINEなどの選択肢があるというのは良いことですよね。
一昔前ならこういう事は有り得なかったもの。
DSC_1146.JPG
今日は彼氏が来たから一緒に食事をしたの。ごちそうさま。
こちらでは、電話が不通になる事がたまにあります。
IP電話になる前からです。その当時はテレコムだけでしたけれど、復旧には時間が掛かりました。今になっても同じように時間が掛かっています。
そして電話会社の答えも未だに変わりません。
” こちらでは問題が見つかりません!”
言いきっちゃっていいの?と日本人なら考えると思うし、日本なら後で、あなた言い切ったよね!とか突っ込まれそうなのに、ドイツでは普通は突っ込みません。
そこを突っ込んでも解決策にならないから。
なるほど。それはおっしゃる通り。私もよっぽどの時しか、、、いや、言わないな、やっぱり。
反対に、対応している人間にありがとうを繰り返すと思う。
こういう場合はね。
そうやって仕事をしてもらわないと、何時までたっても復旧が進みませんからね。
このやり方が何時も良いとは決して言わないけれど、相手のご機嫌を取って仕事をしてもらった方が有利な場合は良くあります。
陰では、XXzXZXZsXZ!!!!なんて毒づいていますけれど。
何時かのブログにも書きましたけど、短気は損気。
ドイツに来てから私は我慢強くなりました。
こんな事を書くと家族からはウッソーーォ!なんて言われることは必至。
それでも!我慢強くなったの!!
お蔭様で、日々修行をさせて頂いてます、、、、

 - 日記