ボスママのドイツ生活情報

ドイツ生活情報やドイツ人の考え方、ヨーロッパの状勢について発信中

*

秋のデコレーション

   

今日は15日。
毎月1日と15日は玄関周りの掃除をします。
お玄関だけでなく、玄関周り、ランプとか、家具とか、入り口天井部とか、、、
普段のお掃除ではできない部分を集中的にやります。
そして、うちの玄関で一番大切なシーサーをキレイに拭き上げて、盛り塩も欠かしません。
DSC_1184.JPG
こんな簡単な事なのに、きちんと日にちを決めないと、ついそのままになってしまいます。
だからと言って、何時もきっちり1日と15日に出来るとは限りません。日にちがずれたっていいんです。私はただ、人に見られても恥ずかしくない程度に掃除をすることを心掛けています。
どこもかしこも、いつも全部きちんと、なんてことは私には出来ません。
ドイツの家庭は、大概きちんと片付いている家が多いですね。
ちょっと部屋にお花を飾ってみたり、入り口を飾ってみたり、デコレーションは皆さんお得意のよう。
この力が発揮されるのはこれからクリスマスに向かって。
日本のお正月のお飾りと違って、創造性が発揮できますから皆さんすごく頑張ります。
先日、このブログでご紹介しましたが、今年は10月4日が収穫祭です。
私も、小さなお収穫祭のお人形をフロアに飾りました。
猫様がおもちゃにしなければいいんだけど、、、これが床に落ちて割れたら悲しいな、、
DSC_1185.JPG
バックが茶色だから目立ちませんねぇ、、、拡大して見てやってください。可愛いんですよ、みんな!
収穫祭が終わったら、ハローウィンの飾りつけですからね、楽しくなります。
猫様がうちに来て以来、この2年間は飾りつけをしていません。
最初の年で諦めました。
なんせ、大事にしていたデルフトのコレクションが半分以上割れちゃったからね。
去年はクリスマスの飾り付けも殆どしませんでした。
でも今年はね、ちょっとだけ飾ろうかと思っています。
だって、私の(実際は血がつながっていない)姪っ子がご主人と遊びに来てくれるんですからるんるん
伯母さん、頑張ります!!
多分、猫様がまた飛びつくと思うけれど、、、
週末に遊びに行った彼女の家にも猫がいて、素晴らしい飾り付けをしているけれど、そこの猫は飛びつきませんが、どうしてでしょう?
うちの子たちの場合、私の躾がなってなかったのか、それとも、2匹で飼うというところに何か意味があったのか、それとも、、、ただ単に野性味の強い子たちだから?
それでも、最近見ていると犬の子と同じ。2歳になって、二匹とも少し落ち着いてきました。
犬の子をいつも3歳になるまでと我慢して躾てきたのと同じように、猫も3歳になると少しは落ち着いてくるのでしょうか?
だったらいいなるんるん (今日は久々に何度か出ましたね、最近なかったルンルンマーク!)
何だか、飾りつけしただけで、気分が華やいできました。
さて、明日は入り口のお花を植え変えようか!

 - 日記