ボスママのドイツ生活情報

ドイツ生活情報やドイツ人の考え方、ヨーロッパの状勢について発信中

*

ルフトハンザのスト!何時まで?

   

また、ルフトハンザのストです。
先週から始まったストは、3便のうち2便が欠航という状態です。先週は長距離も欠航でしたね。
このブログでも書いたことがありますが、三月に一度のストって、どうなっているのでしょう。
パイロットの要求は、年棒145,000ユーロ、55歳で定年。
いや、それに反対するんじゃないのですが、私たちも仕事で飛ぶことがありますのでね、困っているんです。
先週チェックしていたフライトが、今日見たらもう取れないとか、値段が倍以上になっていたり、倍どころじゃなく、ドイツからスイスに飛ぶのに、1700ユーロって???
有り得ない!
でも殆どのヨーロッパ便が一か月先まで抑えられていて、フライトを取るのが難しい事。
あの手この手を使ってやっと抑えました。
aircraft-513641_640.jpg
皆さんもフライトはインターネットで予約する事が多いと思いますが、細かな点で値段が変わってくることに気が付いていらっしゃいますか?
F社では、チケット発券料としてx千円プラスとか、クレジットカード使用料で更にx千円とか。
でもE社ではそれが一切かからないとか、その差は最終的に3-4千円ほどになる事があります。
今日のフライトのブッキングがそうでした。今日のフライトは2つ別々に予約しなくてはいけません。
F社には、時間帯がちょうどいい便がありました。いつも使っているE社では取れない便です。これはラッキーと、そのフライトを抑えブッキングまで手続きし終えたら警告が来ました。
” このフライトはもう完売しました。”
じゃあ、何で残っているの?何で、最初に ” 航空会社に席と値段のチェックを入れます。数分お待ちください。”
そのうえで、” 予約手続きをして下さい” って進めて行ったのに、私の手間はどうしてくれるの? 書き込んだ取引銀行やクレジットカードのデータはどうなるの?
しかも後からメールが来て、あなたのブッキングは最後まで出来ていません。もう一度ブッキングに戻って、、、、
やるわけないでしょうが!
上手にデータだけ盗まれたような気分です。
でも、このF社、別にブラックじゃないんです。とても名の通った会社です。私も昔、一度使ったことがあったように思います。
そしてまた別のフライトを今度はB社で予約しようと思ったのですが、発券料とクレジットカード使用料とで25ユーロ加算されましたので、途中で止めて、いつものE社で同じ便の値段のチェックをしました。すると発券料なし、クレジットカード使用料なし。
何時ものように、ひとつはE社で予約しました。
あああ、、、メンドクサ!!
ルフトハンザがストするたびに、フライトの予約がとても複雑になります。チケット価格も急騰します。そりゃ、早い目に取るのが一番だけれど、休暇じゃないですから、相手の都合にも合わせなきゃいけない。
まあいいや。今日はもう遅くなったので明日またトライします。
良いフライトが無かったら、一晩どまりになるかも、、、
その時は、、、観光でもしようか、のんびりと!

 - 日記