ボスママのドイツ生活情報

ドイツ生活情報やドイツ人の考え方、ヨーロッパの状勢について発信中

*

川島なお美さん、愛犬の訪問は?

   

何だか悲しいニュースばかり。
昨日の黒木奈々さんのニュースを読んでいたら、川島なお美さんが肝内胆管がんの手術をしていたとありました。
私は芸能界の事はよく知らないけれど、彼女の名前は知っています。
ワイン通のきれいな人だな、くらいですが。
しばらく休養するからと人前に出てきた彼女の激ヤセぶりにはドキッとしました。あの美しい人がごそごそに痩せてしまって。体重も30㎏そこそことか。
そこまでして、人前に出なくても、、、
というのが本音です。
女優さんというのは、こういう時気の毒ですね。
彼女は確か犬を飼っていたと思いますが、犬はどうなるのでしょう。
彼女が入院して闘病しているのに犬の心配?
そうではなく犬が彼女の傍にいてあげられたら、彼女の体調も少し変わるかもと思ったんです。
ペットには人を癒す力があって、一緒にいると免疫力が上がるというデータを読んだことがあります。ですから、入院を断って、在宅を願う人も多いらしいとか。
これは日本ではなく、アメリカの話でしたけれども。
その気持ち、よく分かります。多分、犬や猫を飼っている人なら分かるんじゃないでしょうか?
私も、同じケアを受けられるのなら在宅かな?
ただ入院までしなくてはいけない彼女の病状を思うと、そんなことを言ってはいられないのかと。
早く良くなって欲しいですね。ガンの話はもうたくさんです。
DSC_0011.JPG
寝姿だけで癒してくれるジュリー。
私も犬をガンで亡くしています。
一頭のシェパードは肝がん、もう一頭の猟犬は舌癌でした。
最近は犬や猫にもがんが増えています。
この間、獣医さんの処に行ったら、何時もいる猫がいないので、
” あら、猫ちゃん、今日はお出かけですか?”
ーーー亡くなったんですよ、、、と助手の方。
病院の前は交通量の激しい道路です。
” 交通事故ですか?”
ーーーいいえ、ガンでね、先生が安楽死させました。”
獣医さんでも、どうにも出来なかったんですね。
犬や猫を人間と同等に扱うな!という方が時折おられますけれど、犬や猫と一緒に生活していれば、彼らは家族の一員、子供と同じです。
先生にもお悔やみを申し上げました。
ーーーやっぱり辛いよ、自分の子を殺すってね。
でも先生、人間も動物も、あまりにもがんが増えすぎていませんか?
ーーーまず、この空気。そして食べ物。動物だって、狭いところで土を踏まずに飼育されている。その肉を食べるって、問題があるだろう?
最近は自然なものが無いじゃないか。
健康のためにアルプスの山に行って暮らすというのは現実的ではないし、食べ物もすべて自給自足というのも無理だ。
出来る限り、自然に近い生活を心掛けるくらいしかないんだろうね。
DSC_0017.JPG
病気になんかならないでね!
先生のおっしゃることがよく理解できます。私は人から健康オタクとよく言われますが、それは後で後悔したくないからです。
長生きしたいのじゃなく、出来れば、病気で長く苦しみたくない。
だって、そんな事になったら子供たちが可哀想でしょ?
みんな長く苦しみたくない。
ガンについては、甲田光男先生がおっしゃっていましたが、
断食ですべての病気が治るわけではない。何度断食しても、びくともしないガンを何度も見てきた、と。
高齢になれば、人間、何処かにガンを持っているといわれています。
でも、若い人がガンで倒れます。そう、子供たちまで。
がん撲滅は長く叫ばれています。
研究費の為にみんなで募金をするのも一つのアイデアかも知れません。
10月の私のお誕生日には、お友達にプレゼントの代わりに少額でも寄付をしていただけるよう、お願いしてみます。

 - 日記