ボスママのドイツ生活情報

ドイツ生活情報やドイツ人の考え方、ヨーロッパの状勢について発信中

*

川島なお美さん、女優として頑張った最後の舞台はあのインタビュー。

   

なんか、とってもショックです。
数日前に彼女のことをブログで取り上げていて、彼女の写真を見て衝撃を受けましたが、それが、、、もう今日、亡くなるなんて、、、
最後の最後まで、女優でしたね。
あんなに辛いのに、最後に美しい姿で人前に出てきて、、、それに舞台だって一週間前まで勤め上げて、、、本当に立派でした。
最後のインタビューはとっても短かったけれど、女優として最後の舞台を勤め上げたんですね。
自分の死を前にして、誰でもができる事ではありません。
女優の素晴らしい幕引きではないでしょうか?
お疲れさまでした。
人がたどり着くところはみんな同じ。ただ逝くのが少し早すぎた、、それが本当に残念です。
私は数日間の間に芸能人3名の方のガンの話を取り上げました。
そのうちのお二人が亡くなられたわけです。
あの芸能界という小さな世界でお二人が亡くなられたという事は、世間一般では本当に数知れない沢山の人がやはり同じような運命をたどっているという事ですよね。
誰も知らないところで、一人で逝く人もいるでしょう。
それぞれの人間が、それぞれのドラマを展開し、その一生を終えるのですね。

何時だったか、こんな話を聞いたことがあります。
あの世では、この世に人を送り出す時に、みんな悲しんで送り出すと。
ところがこの世では、子供が生まれたら皆で喜ぶ。
この世で人が亡くなると、みんな悲しみ、あの世では帰ってきたと皆が喜ぶ。
この話、優しい話だなと思いませんか?
信じる、信じないをここで問う訳ではありません。
私は何も考えずに、そのまま信じたい。
向こうに行けば、こちらを去った人に会える。
亡くなった親に会える。
亡くなった友達に会える。
亡くなった犬たちにも会える!
なんか嬉しくなりませんか?
歌手の美空ひばりさんは、あの世でも歌っているそうです。
彼女のファンはあちらの方が多いですから。
ね、楽しいでしょう?
私は信じたいな。
急がないけれど、皆が行く道。
余り早いのは不幸だけれど、考え方を変えれば、少しは気が楽になる。
さて、私もあの世に行ったら、川島なお美さんの素敵な舞台が見れるかも。
川島なお美さん、そちらに行ったら友達と一緒に舞台を見に行きますよ!
お疲れさまでした。



 - 日記