ドイツ生活情報

欧州の難民流入問題、ドイツでのシリア人のデモ

難民問題は、ますます大きくなっています。
国境をコントロールするも、今も毎日1万人の難民が滞在許可を求めて列をなしています。
ドイツでは、もうここまで難民の数が増えたら、とてもボランティアの人数だけでは対処できなくなってきました。もうこれ以上の難民を受け入れる事には無理が出てきています。
今朝のドイツの新聞にこんな記事が出ていました。
ドイツのKasselで50人のシリア人がデモを起こした。
彼らは、もっと良い生活環境を求めている。今の生活環境では、トイレもシャワーも薬も足らない。
また、冬が来る前にドイツ当局は彼らにドイツの冬の情報を与えるべきである、、、
かいつまんで言えば、こういう事ですが、まず、ドイツではデモをするには管轄の警察に届け出る必要があります。
これは知らなかったで良いとしましょう。
でもこの内容を読むと、ん??難民がこんなこと言う?と思いませんか?
私は普段から何らかの事態が起こった時にはその裏に何があるかを考えます。
なぜかって、これはね、今回の震災に関し、ドイツで流されたガセネタの事があったからです。
話を戻しましょう。
命からがら逃げてきた難民たち。ここドイツにいれば、国境のテント生活よりももっと良い生活が出来る。なのに何故こんなことを言うのでしょう?
彼らは本当にシリアの人間でしょうか?
多分そうでしょう。
自分たちで考えて行動したのでしょうか?
誰か先導する人間がいたのじゃないかと考えられませんか?
このデモから想像されることは、ドイツ人に嫌われるという事ですよね。
わざわざシリアから命からがらドイツに逃げてきて、ここで嫌われるような行動に出るって変だと思いませんか?
このデモは、規模も小さい。突発的に起こった。
誰かが裏で動いているのでしょう。お金をもらってデモに参加した人だっているかも知れません。
ヨーロッパの難民反対派、シリアのアサド側の人間、IS?
これからもいろんなことが起こりそうです。
だって、難民たちが受ける恩恵は、こちらのハーツ4と言われる失業手当より良いのですから。妬みだってありますよ。
何とか、今いる人たちだけでも安らかに冬を越してもらいたいと思います。
話が変わりますが、今日は水素水の話を少しいたしましょう。
さて私、もう数年前から水素に凝っています。
水素は、私たちの体の中で生命が生きるためのエネルギーを作り出しています。
言い換えれば、細胞のエネルギーを作っているのは水素です。
水素は滑性酸素を抑える最強の物質と言ってよいでしょう。水素は酵素と組み合わせると、代謝酵素を活性化させ血をサラサラにします。
また、花粉症を制御し、体内の脂肪代謝を活性化させるのでダイエットにも効果的である事が分かってきています。
免疫力アップには欠かせない水素。
入手しやすい水素ですと、水素水ですね。
水素水でも、サーバータイプ、スティックタイプ、そしてドリンクタイプと3種のタイプがあります。
水素水についてご存じない方の為に、無料で資料がもらえる会社を見つけました。
水素まるわかりハンドブックがもらえます。

人生出来る限り健康でいたい。みんな願っていますよね。

一番簡単な方法として、水素水を飲むことから始めませんか?
そして、酵素を取る。これは食品からとれます。生の物ですね、生野菜、果物、お刺身などです。
そして、腸内環境を整えれば、免疫力は一気にパワーアップします。

とにかく、資料だけでも取り寄せて、水素水について読んでみませんか?お勧めします。

VWリコール、難民問題、国防相の博士論文盗用疑惑、揺れるドイツ前のページ

北斗晶さんの乳がん、5年生存率50%次のページ

関連記事

  1. ドイツ生活情報

    緊急 パリのテロと難民問題

    昨日ブログを書いているときに、テレビでメアケルのインタービューを放送し…

  2. ドイツ生活情報

    ドイツの不快な言葉 2015は Gutmensch  良い人!

    Unwort、、、不快な言葉、と訳しましょうか。ちょっと、他の言葉に訳…

  3. ドイツ生活情報

    ケルンで起こった暴動事件 市民はメアケルに謝罪を要求

    皆さんは、ドイツのケルンで大晦日に起こった集団暴行の事件をご存知でしょ…

  4. ドイツ生活情報

    ドイツ統一の日と難民問題

    今日はドイツ統一の日。祝日です。うっかりしていて、気が付いたのは昨日…

  5. ドイツ生活情報

    ドイツ当局は今回のISテロをキャッチしていた!イスタンブール空港テロ

    やっと、イスタンブール空港テロは落ち着いたようです。死者41名…

  6. ドイツ生活情報

    生協の宅配 パルシステム、こんなシステムがドイツにも欲しい!

    今回の主人の入院で、ちょっと辛い事を思い出しました。次男が小さ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ドイツ生活情報

    子供の自立 ドイツの場合
  2. 日記

    ドイツの病院
  3. 日記

    VWリコール、難民問題、国防相の博士論文盗用疑惑、揺れるドイツ
  4. ドイツ生活情報

    今回のケルンの暴動に対して、シリア人男性がコメントしました
  5. 日記

    がんばれ!なでしこ!!
PAGE TOP
error: Content is protected !!