ボスママのドイツ生活情報

ドイツ生活情報やドイツ人の考え方、ヨーロッパの状勢について発信中

*

北斗晶さんの乳がん、5年生存率50%

   

なんとも痛ましい、、、
12歳と16歳の息子たちがいて、5年生存率50%と言われたら、、
良くなる病気もその言葉で悪くなりそう。
手術を決める際、医者が5年、10年を生きるためにと彼女に言った言葉。
なんか、嫌な言葉だな、と思っていたら今日の会見。
彼女のガンのステージは3に近い2b。
乳がんだけなら5年生存率70%だけれど、彼女の場合は脇のリンパ節に転移しているから生存率は50%になるとのこと。
私は芸能界に全然興味が無かったけれど、黒木奈々さんの事について書いて以来、川島なお美さんと続き、北斗晶さんに関しての記事を自然と目で追うようになりました。
最初はなんか、ごつい人だなって思っていたけれど、何度か彼女が出ている番組を見ていると、なんて優しい人なんだろうと感心してしまいます。
北斗さんが一家の大黒柱で働いている事は何となく分かりました。
それだけに今回の入院は彼女にとってとても精神的に辛いことでしょう。
何とか彼女とその家族が穏やかに暮らしていける事を願います。

中川恵一医師のコメントにありましたが、乳がんには少数ながら急激に進行するガンがあり、半年に一度の検診でも見つからないものがあるそうです。
だからと言って、過度のエックス線検査には被爆のリスクがある。定期的に自分でチェックする事と書かれています。
お風呂に入った時に乳房に石鹸をつけて円形になぞるように普段から触っていると、小さな変化でも自分でわかるようになると読んだことがあります。
また、両腕を上げて乳房に引き攣れが無いかのチェック。
この程度の事なら自分でも毎日できそうです。
それと絶対に忘れてはいけないのが、年に一度のがん検診。
自分だけじゃなく、家族にとっても悲しい事になる前に、自分たちで出来る事はやってみましょうよ。

 - 日記