ボスママのドイツ生活情報

ドイツ生活情報やドイツ人の考え方、ヨーロッパの状勢について発信中

*

ドイツで落とし物をしたら、、、

   

ドイツで落とし物をしたら見つかると思いますか?

結果は、ドイツでは60数パーセント、日本ではほぼ90パーセント見つかるとのことです。(ドイツ国鉄発表)

しかし、ドイツで見つかる60数パーセントは、中身が無くなっていても、財布が出てきたらカウントしているそうです。
ドイツで落とし物をしたら、まず無事には手に入らないと。

うちの次男が旅行から電車で帰ってくるときに財布を落としました。

失くしたのは3度目です、、、、

一度目は、ローマから帰ってきた飛行機の中。ズボンのポケットから抜け落ちたのでしょう。すぐに気が付いて空港で航空会社に問い合わせ、事なきを得ました。
二度目は、フランクフルトへ向かった友達の車の中。またズボンから抜け落ちたんですね、友達が郵便で送ってくれました。

 

DB-Fundbuero_02-01-teaser-545x315        電車内での忘れ物は、年間に25万件。

今回三度目。ケルンからの電車の中。その電車はハンブルグを経由してキールが終着駅。
またズボンから滑り落ちたんですね。
財布の中には、滞在ヴィザカード、免許証、クレジットカード、現金とすべて入っておりました、、、
しかも財布が無いのに気が付いたのは、こちらについて、彼女とデートしていた時だそうな。お茶代、出せなかったんですね。
クレジットカードはすぐに銀行に電話してストップし、その足で国鉄に行き、財布の紛失届を出し、警察にも行って紛失届を出し、翌日外人局に行って紛失届を出し、、、免許証再発行の為、車で1時間の所まで行って再手続し、、、

ご苦労さん。

 

041_13

 

無くして4日目に国鉄から手紙が届きました。
手紙の日付は無くした翌日。

??? その日も、その次の日にも、息子は国鉄と警察に行って、財布が見つかったか聞きに行ってるんです。なんで???

手紙に戻りましょう。
あなたの落し物が見つかりました。キールまで取りに来てください!

えっ、キールまで???

あなたの住所に送る事も出来ますが、その場合は手数料、25ユーロ掛かります。

25ユーロ、、、いや、また途中でなくなったりするのは嫌だ!現金が残っているのか、カードは無事だったのかに関しては一切教えてもらえない。
行くしかない。しかし電車代は25ユーロ以上する。
免許証は手元にないから運転できない、、、

父親が言った。いいよ、僕がキールまで走るよ。

そしてその日は金曜日。道がとても混んでいて、主人と次男は往復5時間以上かけてキールまで行ってきました。

結果は、現金もカードも全部残っていました。手数料は5ユーロ。しかしながら、財布に50ユーロ以上残っている場合は、現金は銀行振り込みになります。
もし、他にその財布の所持者が現れた時に、争いを避けるためだそうです。銀行口座に振り込めば、どこの誰がその現金を持って行ったのか分かるから、らしい。

なるほどね、、、私は最初、彼らの言う意味が解りませんでした。

財布を見つけたのは、清掃係だといいます。
その人の名前は紛失届の処に書られていなかったので、多分仕事中だったのでしょう、と。

??? 

”この清掃係の人が、プライベートであなたの財布を見つけたのなら、あなたは彼に、現金の2.5%を謝礼として支払わなければいけないんです。でも、仕事中であれば、その必要はありません。”

お友達のノエちゃんが、チェーン付き財布というものがある事を教えてくれました。
次男にはクリスマスプレゼントとして、このチェーン付き財布を贈ろうと思います。

しかし、3回落として3回戻った。これはすごい!

でもね、そろそろ学習してね!

 - ドイツ生活情報