ボスママのドイツ生活情報

ドイツ生活情報やドイツ人の考え方、ヨーロッパの状勢について発信中

*

ドイツのごみの分別 州によって違います

      2016/01/23

水曜日あたりから暖かくなるといっていたのに、今日もまだ零度以下。
でも、体感温度はそれほど寒くありません。

チコちゃんは、みぞれが降っていて、ところどころ泥跳ねするところがあるのでレインコートを着てお散歩です。
余り幸せそうに見えませんね。

ごめんね、我慢してね。

 

DSC_0651

 

ドイツのごみの分別についてのご質問を頂きました。

ドイツのごみの分別は州によって違います。
ご参考までにハンブルグ州の場合は、

紙類 ブルーの箱 回収は月に一度 無料

リサイクル プラスティック類、黄色い箱 回収は月に二回 無料

グリーン ビオ 木の枝や芝など の箱 回収は月に二回 有料

家庭ごみ グレーの箱 大きさと回収の頻度によって値段が変わります。 有料

リサイクルに捨てるものは、プラスティックやメタルです。例えば、ヨーグルトの容器などを洗う必要はありません。ざっと中身を出したら、そのままリサイクルへ。
牛乳やジュースの紙パックはブルーのコンテナーですが、これもいちいち開いて洗ったりなどという事は必要ありません。中身を飲んだら、そのまま捨てて下さい。


瓶類は、その地区が設置しているコンテナ―に捨てます。

 

DSC_0664

 

手前のブルーは紙類です。その奥に瓶用のコンテナーが続きます。

 

DSC_0665

 

瓶は、白(透明)、グリーン、茶色に分かれています。色に気を付けて下さい。

 

DSC_0666

 

これはグリーンの瓶用。

是非、覚えておいて頂きたい事は、捨てる時間が規制されている事です。紙類はいつ捨てても構いませんが、びん類は、平日7時から19時です。平日とは、Werktag 労働日と言って、月曜日から土曜日までです。
瓶を捨てると大きな音が出ますので、決して日曜日には捨てないようにして下さい。

大型ゴミはリサイクルセンターに持って行ったり、州によっては回収日が決まっているところもあります。ものによって有料の場合があります。

靴や古着は、これも州によって違いますが、地区ごとにコンテナーを置いているところが多いようです。又はリサイクリングセンターに持って行きます。

電池は、リサイクルセンターか、スパーマーケットの一角に集められていますので、そこで捨てて下さい。決して家庭ごみに入れないように。

アパートにお住まいの方は、大きなゴミ箱がいくつか置いてあります。紙類、リサイクル、家庭ごみと別れていますから、それぞれに分けて捨てて下さい。
最後に、ペットボトルや缶に入った飲み物は、買ったときにリサイクル代の25セントを払います。そして飲み終えたら、スーパーマーケットなどの返還の機械に入れてレシートを取り、そのレシートをお店に提出して換金してもらいます。取ったレシートは、そのお店でしか換金できません。

 

DSC_0677

 

たまにこのマークがついていないボトルもありますが、殆どの場合付いていますので捨てないようにして下さい。

日本に帰ると、分別がとても面倒でびっくりします。
慣れると、そうでもないのかもしれませんが。

まあ、こういう事は慣れですね。どこに入れたらいいか分からないものは家庭ごみへ。

 - ドイツ生活情報