ボスママのドイツ生活情報

ドイツ生活情報やドイツ人の考え方、ヨーロッパの状勢について発信中

*

ドイツの休暇 最低有給休暇は年20日

   

ドイツの休暇についてご質問を頂きました。

ドイツの最低有給休暇は、年20日です。

これは経験や勤務年数とともに増えていき、マネージャークラスで30日程度持っている人はたくさんいます。

年の初めに、すでにプランが決まっている人は会社に休暇プランを出して、自分の休暇をリザーブします。

夏場に休暇を取りたい人はたくさんいますが、通常、子供を持っている人から学校の休みに合わせて先に取ります。

学校の休みは、州によって少々の違いがありますが、ハンブルグでしたら春休み 2週間。キリスト昇天祭/聖霊降臨祭 1週間。夏休み 6週間。秋休み 2週間。冬休み 2週間。子供たちの学校の休みは、最低13週間あります。

もし、両親とも働いている場合は、どちらかが休みを取って子供たちを見なければいけません。有給休暇20日間で4週間の休暇、30日で6週間の休暇が取れる訳ですが、二人分の休暇を合わせても子供の休暇には足りません。

そこで親たちは、友達と一緒にお互い助け合いをします。
A家が旅行に行くときにはB家の子供を連れて行き、また今度はB家がA家の子供を連れて旅行に行く。
これでお互い約2週間づつ、学校の休日を消化できます。

又は子供たちだけの旅行やキャンプがあります。
旅行会社が主催する子供向けの旅行で、例えば乗馬のコースや、サーフィンのコース、英会話のコースなど、大体1-3週間くらいの色々なコースが用意されています。
子供たちはそこでお友達ができますから、次の年にも同じ旅行をお友達と一緒に選ぶ子もいます。
これで親はまた、2-3週間の学校の休日を消化できます。

 

Stevebidmead / Pixabay

 

家族の旅行では、ドイツ国内で海へ行ったり、山へ行ったり。又は外国へ。
休暇は、平均2週間から3週間は取ります。

夏季休暇中は旅行者で道路がとても混みあうため、州ごとに夏休みをずらしています。ドイツ語が解る方は、交通情報を必ず聞きながら走って下さいね。

旅行会社にはたくさんのカタログがあって、相談すると、あなたの好みに合ったカタログをくれます。
この辺りは日本と同じですが、カタログの分厚さが違います。
こちらは圧倒的に分厚いですよ。

パッケージになった旅行は早くリザーブすると、その分、安くなることが多くあります。

ただ、リザーブして、手付を払ったのに旅行の直前にテロが起こった!

そういう場合は、殆ど手数料なしで他の旅行に変更できるか、または払い戻しができますので心配ありません。

病気になって旅行にいけない事があります。そういった場合の事を考えて、少額の保険をかけておくのも良いでしょう。
特に小さなお子様がいる場合にお薦めします。

 

Skitterphoto / Pixabay

 

パッケージツァーは早朝出発がとても多いんです。
出発日に朝早く起きて、子供たちを起こして、荷物をもって空港でチェックイン、というのは大変ですよね。
その為に、Vorabend Checkーin というシステムがあって、早い出発に限り、前日の夜にチェックインができるというシステムです。
翌日の朝は荷物無しで、ボーディングカードをもって空港へ。
これは精神的にとても楽です。

これらの旅行が高くなるのは、夏のハイシーズンとクリスマス、年末休暇です。
このあたりで休暇を取りたい人は、とにかく早く、旅行をリザーブして下さい。

良い休暇を楽しんで下さいね。

 - ドイツ生活情報