ボスママのドイツ生活情報

ドイツ生活情報やドイツ人の考え方、ヨーロッパの状勢について発信中

*

新潟産のコシヒカリがお試し価格で3合100円。送料無料!

   

次男のレンタルカー問題はますますヒートアップ。
明日お店に行って掛け合ってくるそうです。

こういう話って、聞いているだけでも疲れて、、、。
まあ、あなたのいう事は正しい。
頑張って下さいね。

私はあのレンタカーショップでは二度と車を借りない!
それが分かっただけでも、良い勉強になりました。

今日はね、皆さんにちょっと耳寄りなお話を。

そう、テーマに書いてある、お買い得情報です。

前にも一度お米について書きました。

ドイツに入っているお米はカリフォルニア米が主流で、問題は殺虫剤にあると。
この問題は、今は殺虫剤の使用量が少なくなっているらしい、という事は聞きましたが、それ以上の情報はまだ仕入れていません。

私たちの知り合いに、とんでもないグルメがいます。

彼が出張でこちらに来るときにお土産で持って来て下さるお米はとても美味しいんです。
つやつやしていて、もっちりしていて、おかずが無くてもご飯だけでも美味しい。
極端なことを言えば塩が無くても美味しいごはん。

なんでも、彼は美味しいお米を食べたいがために、自宅に大型冷蔵庫を置いて一年分のお米を冷蔵庫で保管しているそうです。
もちろんお米は玄米の状態で保存。食べる時に精米です。

羨ましい限りでしょう?

そうか、お米の保存はやっぱり冷蔵庫なんですね。

そんなことが気になっていてお米を探していたら、この商品を見つけたんです。

 ◆1、低温乾燥
収穫後もみから玄米へ乾燥させる家庭において、40度以下で乾燥させる手間と努力により、
本来の甘みとこし、香りが保たれます。

◆2、低温精米
玄米から精米する際も、同様に時間をかけて精米することにより、熱で奪われる味と、
香りを逃さず、お客様の食卓へお届けいたします。

◆3、定温保存
当社では大型冷温倉庫で、収穫した玄米を新鮮なままお届けするため、お米の保存にちょうど良い温度である、
「13度~15度」で保管しております。

なるほどね、お味の劣化を防ぐにはやっぱり低温保存が基本ですね。

買って帰って冷蔵庫に入れるけれど、出荷前の状態を知ることも大切です。

このお米が今なら送料無料、3合100円でお試しできます。

但し、一世帯一回一個限り。まあ、そうでしょうね。

でも、3合なら4人家族がトライするにはちょうどいい量でしょ?

新米の時期に日本に行くとね、姉宅でも、親友のノエちゃん宅でも、みんな新米を買って用意してくれるんですよ。
ありがたいことです。

これって、日本人でないと分からない気持ちでしょうね。

糖質制限は悪い事ではないけれど、せめて、朝かお昼にはご飯を一膳頂きたいですね。

だって私たち、瑞穂の国の人なんですから。

 

 

 - 日記