ボスママのドイツ生活情報

ドイツ生活情報やドイツ人の考え方、ヨーロッパの状勢について発信中

*

ああ、、勘違い! 噂をうのみにしてはいけない! (駄)

   

今朝、病院にいる主人から連絡がはいり、体調は良いとのこと。

彼の体調の話が終わったら、次は仕事のお話。それも終わったところで、

「今朝、2度目の看護婦さんが来てね、それも受付の女性と一緒に。」

「あの、旦那さん、あなたの髪、、、って言うんだよ。」

それで?

「二人とも不思議そうな顔をして髪が、、と言って一人が僕の後ろに回って、えっ? あれ? あれ?って。」

、、、、??

「そしたら、失礼しました、とてもきれいな長い髪をしてるって聞いたから見に来たの、って」

ぶはははは、、、、でなんて言ったの?

「、、、それは私の息子です。あんな若い男と間違えられるなんて光栄ですって言っといたよ。」

ぶはははは、、、、、そうですか、来てみた看護士のお姉さんたち、お気の毒に、、、
部屋に入ってみたら、短髪の初老のおっさんがぽつねんと、、、ぶはははは、、、、

お姉さんたちは、これのことを言ってるんですね。

 

DSC_0875

 

次男は毎朝、長い髪を三つ編みにして出かけます。ゴムの縦結びがとってもステキでしょっ!

私にしてみたら、お兄ちゃんみたいに5分刈りにしろよ! って思うのに。

看護士のお姉さま方、これでよろしかったら今日も病院に参ります。とくとご覧ください。

でも、お姉さんたちのショック、気まずさを想像すると、、、ぶふふふ、、、やっぱり笑うよね。
旦那はんも気まずかったやろうなぁ、、
しかし、勘違いは続く。

「でね、さっき廊下を歩ていたら後ろから、お元気ですか? っていう声が聞こえて振り返ったらね、若い看護士さんがいて、、、」

うん、それで、

「アジア系の女の子でね、聞くと彼女は韓国と日本のハーフなんだって。だから少しは日本語ができますって。」

「それが可愛い子でね、、、」

ほんで、それがどないしたん?

「その後、彼女が帰る時にわざわざ僕の部屋に来て、また明日ね!って言ってくれたんだ。可愛いよな!」

、、、あんた、それは、、、、

ぶはははは、、、

次男に会えると思ったから部屋に寄ったんじゃないのぉぉ?

「、、、、そうか、、、そうだな、、、ははは、そうだよな、はぁ、、。」

 

pose_nigawarai_man

 

病に伏している旦那はんにはきつい言葉やったかなぁ?

しかしここまで勘違い!

旦那はん、大丈夫! あんたは若い!!

ちょっと笑えるお話でした。

 

 

 - 日記